ホーム »  コラム  »  二つの便り

2020年04月22日(水)

二つの便り

便り その1: 普段あまり交流の無い後輩から手描きのハガキをもらいました。

何事だろうかと読んでみると「コロナお見舞い申し上げます・・・」という書き出し。

暑中見舞いや寒中見舞いはもらったことがありますが、「コロナ見舞い」とは初めてです。

 ご本人も、数年前に大学を定年退職されたご高齢だから、万一かかったら重篤の確立大。

 そんな方から健康を気遣ってくれる手紙をもらうとは、嬉しい限りです。

 暑中見舞いは毎年きますが、「コロナ見舞い」は今年限りであることを祈ります。

便り その2: 久しぶりにハードボイルド・イナミ君から、これはメールで。

 私のコラム「国会で良識は問うな!」をたまたま読んだらしく、それへのご忠告。

読んでくれたとはまことに嬉しい。(ゲンなどは事務所やスタッフの悪口を書いても、読んだことが無い。)

 で、ハードボイルド君は、私が婉曲に柔らかく、回りくどく書いていることにいら立っているらしいのです。

 私は、江戸時代の川柳よろしく、半分逃げ腰で、でもちょっと言ってみたいという姿勢で書いていますが、イラついたようです。むしろ危険だと。

 なるほど・・・

 でも、こんなこと言える? 「夫の総理が国民に、家から出るな! 地方に移動するな! 大勢で付き合うな!と言っているのに、その妻、ファーストレディが、自粛なんかしていたら、我慢できないからワタシ九州へ行くわよ、と50人で旅行をするのは、不見識を越えて、「規制」を越えた「犯罪」ですらあるのですよ。罰則規定があるヨーロッパでは、ファーストレディの犯罪として、大統領も即クビですよ。厳に慎むことだ!」なんて、とても書けませんよ。

 ただ、やっぱり川柳は難しい。ご意見は反省の材料にして精進します。

今書いている「コルビュジェぎらい」は江戸の庶民のへっぴり腰と風刺の効いた素朴絵の本ですが、ハードボイルドのウィルスを移されたらひとたまりもないから、見せに行かなかったのが悔やまれる。もう編集しているけど、出版したら、見せたいね。 


ページの先頭に戻る