ホーム »  コラム  »  野党議員と安倍さんの答弁

2020年05月17日(日)

野党議員と安倍さんの答弁

国会の審議を見ていて、茶番というか、レベルの低さにホトホト嫌になります。

 野党議員が「この法案は、政権に都合が良い、政権に有利になるような人事を可能にする疑いがある。だからそういう法案には反対だ」と言うと、安倍さんは「そういう考えはまったく当っていません。断じて恣意的な人事だということはありません」と答えます。すると野党議員は、その後が出ません。

 当たり前でしょう。政治家を何年やっているか知りませんが、そんなこと分かり切っているじゃあないですか。

 安倍さんが「いやあ、鋭いですね。それを見抜かれると痛いですね。実は、肝心な時にちゃんとこちらに配慮してくれるから、無理をしても検事総長になってもらおうと思ったので・・・やっぱりこの法案は無理ですか・・・」と言うとでも考えているのでしょうか?

 明確で明快な証拠を揃えて、それをもとに追求しないと、簡単に否定されてまったく無駄です。

 否、明快な証拠があっても、例の佐藤内閣の時の「沖縄の密約」、いわゆる西山事件で、無いといったものが、アメリカの期限が切れて、アメリカ側から公文書が出てきた。その時も「日本には無いから、ありません」。

あるものも「無い」と言う国家ですよ。

 もっとも、自民党の議員は期待できません。総理や官邸に逆らうようなことを言ったら、次の選挙で公認から外されます。

 では、どうしたらいいか・・・? それが分かったら国会議員をやってますよ。


ページの先頭に戻る