ホーム »  コラム  »  郵便局も自粛?

2020年05月18日(月)

郵便局も自粛?

 用があってうちの地域の大きな郵便局に行きました。

 入口に入場制限と並び方の指導をする人が立っていて、中で待つこと30分以上。普段なら数分のはず。

 私のコーナーの窓口は4つのうち開いているのは1つだけ。

 一応「感染予防のため、極力人数を少なくして作業していますからご理解ください」という主旨の張り紙があります。

 郵便局は「営業自粛」でしたっけ。人数を減らして働くと、感染予防になると考えているようです。

 もしかして「人と人との接触を8割減らせ」という専門家会議の言うことを、郵便局の職場でも実行しているのでしょうか? たしかに2割ぐらいしか居ない感じ。

 国民はやっぱり誤解しているのかも?

 「8割減らせ」ということが、どういうことなのか、正確に説明できる人いますか?

追記・今4時10分です。先ほどうちの近くの郵便局に行きました。レターパックの封筒が買いたいのです。閉まっていました。

普段は5時までやっています。中の業務に保険がありますが、保険は普段も4時ですが、郵便の方は5時です。

 郵便局は営利事業、つまい商売だから自粛?勘違いしていませんか?三密の飲み屋と同じですか? カラオケバーと同じですか? それともパチンコ屋?

 勘違いしないでください。自覚してください。公共性がある、区役所や警察と同じであることを。


ページの先頭に戻る