ホーム »  コラム  »  なんとかハウスから連想した思い出

2020年06月13日(土)

なんとかハウスから連想した思い出

もう何十年か前の話です。

 私の教え子が、市役所の建築課に勤めるようになりました。ある時、仕事が終わる5時過ぎににロビーで待ち合わせて、近くにある喫茶店に出ました。

 けっこう広い喫茶店で、客も多く、賑わっていました。私たちは私的な仕事の話で、コーヒーをとって、書類を出して話していました。しばらくすると、ある男性が近寄ってきて、教え子ににこやかに軽く挨拶をして去っていきました。 教え子も軽い会釈で答えていました。

 「誰? 知り合い?」

 「ええ、今やっている工事の業者なんです」

 「何やってんの?」

 「市立の小学校の改修工事です。そこをやっている建設会社のひとです」

 「ふーん、君が担当しているの?」

  「ええ、役所側の監理です」

 「ふーん」

 しばらくすると、また男性が近寄ってきて、私にもちょっと会釈して

 「業者は気を付けろよ」

 「分かってます」 

 「・・・」

なにか言いたそうでしたが、私を気にしてそのまま去っていきました。

 「誰?」

 「上司です」

 打ち合わせが終わって、しばらく話をして席を立ちました。

まあ、今回は教え子の用事で来たので、彼が払うのが自然ですが、教え子ではそうもいかないので「俺が払うよ」と、レジで金を出しました。

 すると「もう済んでいるから結構です」とレジの女性が言います。

 とまどう私に教え子は「良いんです、行きましょう」と促して、外に出ました。

 とっさに、さっきの業者が払ったな、と察しました。

 「払っとけよ」と言って別れましたが、虚しい一言です。日常的にマヒしてなければ良いけど。

あいつ今頃どうしているかなあ・・・


ページの先頭に戻る