ホーム »  コラム  »  コルビュジエぎらいその後

2020年09月21日(月)

コルビュジエぎらいその後

「コルビュジエぎらい」ご迷惑おかけしましたが、やっとアマゾンの流通が良くなってアマゾンがスムーズに買えるようになりました。

 OBのS君が「新宿の紀伊国屋に平積みしてあった」と写真を添えて知らせてくれました。嬉しい限りです。(平積みされたことより、知らせてくれた気持ちが嬉しい!)

 それと、はじめにフェイスブックで告知してくれたK.S君も、その後も情報を流してくれているようで、とても嬉しい。(面白くて一気に読みましたから、明日事務所の先輩に会うのであげようと思います、と言いますが、買うように言ってくれるともっと嬉しい(笑))

 某専門誌の元編集長が「 どうも内容と書名は異なって、コルビュジエはただの狂言回しですね。「断章」と「あとがき」に書きたいことが集約されているよう」とメールをくれましたが、 「アッ! 痛ッテー!」・・・お願いだから外で言わないでほしい。(でもおっしゃること、さすが)

 まあ、私が今更、コルビュジエの作品論に口を出すはずがないので・・・

 今回の出版は、出版社が小さいので、本屋に置いてもらう営業力が無いから、旧知の関係を掘り起こして、こうして私が営業に回らなければなりません。

 昔、学生時代、二川幸夫というカメラマンが、「GA」という建築の写真集を出しました。まだ取次店との契約が無いので、奥様がリュックサックにつめて書店を廻って売っていた。空いた時間は早稲田で建築史の講義を聴講しておられました。坊やを抱えて階段教室をカツカツと上がってこられる音が、今でも耳に残っています。

 しかし、あっという間に世界の二川幸夫、世界の「GA]になりました。

 「初めは誰だってそうさ!」と気合を入れて、将来を夢見て頑張ります。エッ? 今日は敬老の日? もう遅い?

 


ページの先頭に戻る