ホーム »  コラム  »  野党君、止めなさいよ、呼ぶの…

2020年12月18日(金)

野党君、止めなさいよ、呼ぶの…

私は政治のことについては書きませんが、これは政治ではなく、お粗末な「政治ショー」だから、野党のために書かせてもらいます。

 安倍さんが「国会に出て説明すると言っている」と野党は大騒ぎです。

 おやめなさい、呼ぶの。

 野党が狙うような「偽証罪」になるはずないじゃあないですか・・・ 「偽証罪」になるようなことを、あの安倍さん(安倍さんに限らず政権の中枢たち)が自ら出て行って話すはずないじゃあないですか。万全の戦略が固まったので出てくるんですよ。

 検察が罪にしたことはあっても、自らの意志で国会に出て、国会の発言で有罪になった総理大臣がいましたか?

 「証人喚問」だって、佐川の時も罪になるかもしれないことは「証言拒否」されたじゃあないですか。しかも国民の前でその姿をみせようなんて、女学生みたいな発想ですよ。昔なら「証言拒否」したと言って、町を歩いたら、石を投げたかもしれないけれど、今はできない。

 まあ年が明けて、ワクチンを打ち始めて、 オリンピックが出来ることに決まって、次は聖火台はどうするんだという推理の話題になって(聖火台何処にあるか知ってますか?)国民はすべて忘れます。それを狙ってこのタイミング。

 たぶん国民が忘れる日程表までできていますよ。

 野党はだから、国会に呼ばないで、「ウソついた!ウソついた!」とマスコミと一緒に連呼すればいいのです。

 そのウソがが偽証罪になるものか、単に「知らなかった」と言うだけか、法律的には問題があっても若い人には関係ない。どうせ「インフレとデフレの違いを知らない若者」や、「SBカレーの蓋が開けられない渋谷のスクランブル交差点を渡っている若い人」には、関心ないのですよ。

 野党のみなさん!「国民を買いかぶってはいけません!?」さっきのワイドショーで、国民の知りたいランキング、トップは65%「雪で車が1,000台動けない。20時間以上我慢」 「安倍さんが国会に出るそうだ」は15%でした。

 野党君、読み違えると命とりですよ。


ページの先頭に戻る