ホーム »  コラム  »  暮れの混雑

2020年12月31日(木)

暮れの混雑

今年は青山まで行かないで、地元のデパートのようなところで済まそうと、正月の買い物に行ったところ、どっこい、こちらも大混雑。レジを普段の何倍にも増やして処理していますが、「最後尾」の札を持ったオニイさんが、何人も出ててんてこ舞い。

 神奈川、川崎も連日感染者最高値を更新中。きっとこの混雑の中に一人や二人は「コロナ」がいるはず。空気感染してますよ。

 報道によると、28日以降「Go to トラベル」の割引停止はしたけれど、熱海はいつもどおりの人出らしい。東京からの交通費は幾らもしないので、割引なんか無くても、遊んだほうがイイ。政治家は熱海の変化を読めないようですね。(特に熱海の変化を)

 政治家は若者の心理が読めない。または、このこと自体に本気でないのか?

 また、或る医者を自称しているタレントが「医者の感として、今度の新型も 老人と基礎疾患のあるひとは別だけど、たいしたことはない」とのたもうた。

 こういう医者は、武漢に行っても「蝙蝠は一匹も死んでいない。大丈夫だよ」というバカに違いない。このバカの戯言をわざわざニュースに乗せるマスコミも同列のバカ。

 政治家の劣化は、今や、コロナのように感染しているようです。劣化した政治家の言うことなんか、町中で無視しているようです。

 年明けに、この暮れのデパートの混雑がコロナ爆発を起こさなければいいが・・・祈るのみです。

 


ページの先頭に戻る