ホーム »  コラム  »  どっちもどっちの政治ショー

2021年01月28日(木)

どっちもどっちの政治ショー

国会の「予算委員会」、ワイドショーよりよっぽど面白い。

 これが「国会の場」で言い合うことかと驚くほど激しい、相手をやっつけるシーンが見られます。

 三大スターは辻本、蓮舫、共産党の小池のお三方。昔 自民党が野党だった時は、普段は紳士的で大人しい自民党の与謝野さんが「疑惑の総合デパートだ!」と繰り返し与党をののしったのが記憶に残っていますが、とにかく野党の追及は凄い。

 昨日蓮舫さんはスガさんに「そんなメッセージだから、国民に危機感が伝わらないんですよ!あなたには、首相としての自覚や責任感、それを言葉で伝えようとする、そういう思いはあるんですか?」と斬りこみました。

 私は蓮舫さんを応援していますが、あのスマートなカッコよさ(昨日は特にヘアスタイルといい、真っ白いスーツといい、特に良かった)は、恐らく逆に大嫌いな人や、敵は多いだろうなと思っていますから、何を言っても、反感を持つ人はいて、また敵を作ったなと思いました。あまりに鋭過ぎたのです。

 さすがにスガさんも頭にきたのでしょう「それはちょっと失礼じゃあないんですか!!?」 と精いっぱいの反撃を言って、それから「私だって総理になってから、精いっぱいやっているんですよ。緊急事態宣言は、考えに考えて、悩みに悩んでやっと決めたんです・・・」とふり絞るような声で言うと、自民党席から拍手が起こりました。

 拍手は起こりますよ。青森?から出て来た貧乏学生が、立身出世して総理になった。演説も下手ですよ、それが声を振り絞って泣きを入れるように愚痴ったのです。(トップに泣きと言い訳はタブーなのですがねえ)

 この光景を客観的に見ていて、蓮舫さんは10ポイント減らし、スガさんは10ポイント稼いだなと思いました。しかし蓮舫さんはひるまない。

 「情緒的な話じゃあないんですよ、科学的な話をしなければならないんです!」

 お見事!! (そう、スガさんは数字で答えるべきでした) 

 私は、自民党の拍手をしたセンセイたち、大丈夫? と思いました。

 スガさんが悩んで、迷って、決断できずに、決めかねているから、決定が遅れた。

 そのために死者も増えたし、医療も崩壊した、と攻められているんですよ。 それもわからず、総理のお涙頂戴劇に拍手をしているようじゃあ・・・日本大丈夫? お粗末すぎない?!

 とにかく「予算委員会」は国会なんだから、もう少しレベルの高い劇を見せてほしいですね。(PS1:ところで「国会中継」の視聴率って 何%なんでしょうね? 1% ?)

(PS2/ 私は政治のことは書きません。これは政治ショーです)

  


ページの先頭に戻る