ホーム »  コラム  »  時代についていくこと

2021年03月20日(土)

時代についていくこと

「時代についていけない人を責任ある立場に選んではいけなかった」

これは、ある芸能レポーターが、今回のオリパラ開会式の騒動で言った言葉らしい。

 しかも「世の中の価値観は1年1年変わっている」とも。

 イイこと言いますねえ。身につまされますよ。

 私も近年「世の流れが理解できないなあ」と感じることが多くなったので、考えさせられます。

 たしかに今回問題になっている「オリンピック」と「ピッグ」をひっかけるとこなんざあ、いわゆるオヤジギャグで、さすがに「止めなさいよ」と私でも言いたい。(辞任しろという意味ではありません)

 この方、電通の大物ディレクターらしく、TV畑の方らしい。それで、TVコマーシャルでは傑作も多く、聞いたら「アアあれかあ」というものも数多く、今でも秀逸なものが沢山あります。「そうだ、京都行こう」とか・・・それに対して、他の人のは、時代に合っているのかもしれませんが、あまりにも低劣なもので・・・その低劣なCMが時代の傾向とするなら、私やっぱりついていけない。

 その辞任されたディレクターは、今回の「ピッグ」は別として、良いことを考える貴重な方ではなかったか?と思うのですが。ほんとに「時代についていけない方だったのか?」(そもそも「ピッグ」の案は1年以上前に出てすぐ消えた「アイデア」だったとか。「会議中」のアイデアは表に出ないもの)

 その方は、近年の開会式が益々、豪華で豪儀になっていくことに批判的で、一石を投じるつもりだったと言われたのをTVで見ましたが、「それは良いことだ!凄いひとなんだ」と思いました。

 とろがその後バカマスは一切その言葉を報じない。女性の体形をブタにたとえた話ばかり。

 開会式の派手さは、もう限りなく派手に、限りなく豪華になっているのではないですか? それが「時代」ですか・・・? 昔は商売を持ち込むことを一切禁じていた。商品名をシャツや靴や、スキーなどに書いてはいけなかった。

 しかし今は 商業主義でオリパラが成り立っている・・・あのバッハ会長はスイスの超豪華ホテルのスイートルームが、住居ですってよ。定宿ではありません。お住まいだそうです。

 今にアスリートたちも吉本興行に所属するようになるんじゃあないですか?

 例の芸能レポーターに聞いてみたい・・・それが「時代」ですか?って・・・


ページの先頭に戻る