ホーム »  コラム  »  一回の押し間違え

2021年04月14日(水)

一回の押し間違え

私の医者がまだワクチンを打っていないと聞いて、「インパルス太郎君」の息の根が止まるくらい激しい原稿を書いて、さて「コラム」の欄に移そうと、Ctrl・Cを押そうとしたら、うっかりVを押してしまいました。一瞬にして真っ白! すべて消滅!

 復活の技術を知らないからどうにもならない。 二度と書く気もしない。 

 今日の技術社会は、これだからイヤだと思いました。 

 昔、ハードボイルド・イナミ君がうちで仕事をしていた頃、たまに素っ頓狂な叫び声をあげて「アジャー」と嘆くのを、「またどっかのキーを間違って押したんだろ?この社会で生きる力を身に付けろよ」なんて心の中で説教していましたが、アレですよ。

 社会というものは、キーの押し間違えでなくても、ほんの一つのミスが一生を奪うことがある。

 たとえば昔、TVでスター的に活躍していた経済学者(評論家?)が、経歴を「詐称」して、バレて葬られたことがありました。世間から徹底的に叩かれて消滅したのです。(どうでもいいことだと思うのですが)

 そうかと思うと、エジプトかどっかの大学を首席で卒業したというのが、「詐称」だと言われて、「ノンフィクション」小説まで書かれて、それでもくたばらない人もいる。

 50万円をポケットに入れたのがバレて、世間に叩かれてノイローゼにまでなったのに、復権する政治家もいる。

 一言の「失言」でリーダーの座を失う人もいれば、何回失言しても居座る人もいる。

 一回のウソがバレて職を失うひともいれば、国会で100回ウソをついても座にしがみついていられる人もいる。

 これって、その内容じゃあないんです。 そこが分からない。

 始末の付け方がうまいのか・・・それをかばう力(権力)を普段から備えているのか・・・

 嗚呼、ワクチンの原稿、読んでもらいたかった・・・


ページの先頭に戻る