ホーム »  コラム  »  アルコール度0,3%

2021年04月22日(木)

アルコール度0,3%

 近年、若い人との間に深い溝を感じていましたが、このニュースを聞いて、溝どころではなく、「人種」の違いを感じました。

 「人種差別」が悪いというなら、爬虫類と哺乳類くらいの違いを感じます。(若い人が爬虫類、私は哺乳類)

 そのニュースというのは 「最近アルコール度0.3%の飲み物が若い人に好まれている」というのです。売り上げがかなり伸びているとか。

 若い人は酔うことを嫌うというのです。

 酔ったために生ずるリスクを煩わしく思うそうです。

 このニュースが報じる理由を説明するのもバカバカしい、嫌悪感すら感じます。

 このコラムを読んでくださっている皆様は、恐らく酔うことを嫌うとは何のことか分からない私と同じ「哺乳類」に属していらっしゃると思います。

 でもNHKで経済評論家が「若い人は酔うことを嫌う」と平気な顔で言っていました。

 理解不能です。そういえば大学の講義で、「自分の組織で不正が行われて隠ぺいされている。君たちは内部告発しますか?」

 「しない」が8割。

 学術会議の推薦メンバーをスガさんが拒否した問題を話して、「学問の自由が脅かされる」

と講義していたら、学生に質問されたそうです。

 「学問の暴走を監視するのは誰ですか?」と。

 私、大学を辞めていて良かった。

 私「施主は建築家にとって何ですか?」

 学生「神様です」

 私「・・・・」(絶句)

    神様 99人

 邪魔な存在 1人

 


ページの先頭に戻る