ホーム »  コラム  »  匿名の発信

2021年04月28日(水)

匿名の発信

「自己顕示」とまではいきませんが、何らかの「発信」は、私には「生きていること」と同じです。

 人間って、皆同じなのでしょうか?

 しかし、私には考えられないことなのですが、匿名で意見を発する。これは否定します。

 してはいけない、最もみっともないことだと思います。

 しかし、それが社会を変えているようですね。

 私はやってないのでどういうことか分かりませんが、誰か有名人が何かすると、すぐ反応して「許せない行為だ」とか「ハッキリやったかどうか説明しろ」と言葉が飛び交うようですね。

 小学校の時、先生に指されると、立って言わなければならないから、指されないようにジッと下を見ている子がいましたが、あれだって、布で仕切られて、顔が見えないと、つまり誰だか分からないと言ったに違いない。私はそういうのを卑怯と言います。

 それが今、SNS?と言うんですか? ツイッターとかラインという奴?

 あれで誹謗中傷すれば気が晴れるようですね。可哀そうな人たちです。しかも本人はいっぱしの評論家気取りで、「批判」「批評」をしているつもりでしょう。

 「一億総批評家時代」って言ったのは、大宅壮一でしたっけ?(そんなこと言わない?)

 とにかく匿名の批評は批評ではない。単なる弱者の戯言。昔は井戸端会議といって、そういう言いたいことは内輪で、気のしれた者同士がしゃべっていればよかった。そこで発信?発散していれば良かった。内容もその程度だから。

それが今日ではSNSで見えない社会に拡散する、困った世の中です。


ページの先頭に戻る