ホーム »  コラム  »  7月中の老人ワクチンと1万人のセンター

2021年04月29日(木)

7月中の老人ワクチンと1万人のセンター

 4月24日朝8時半から、川崎市で「ワクチン予約開始」。

 朝8時半から、電話とインターネットをつなごうと、かけっぱなし。仕事どころではない。

 しかし夕方6時で電話はおしまい。とうとうかからず。ネットはやっと6時ごろつながったら、「5月の分まで、すべて無くなりました。まだ次のワクチンが来ていないので予約受付できません」

 3日後に電話がやっとかかったら「予約の電話は受け付けない」というから強引に「次の受付はいつ頃ですか?」と聞いたら、「たぶん、5月の中旬には予約再開できると思いますが・・・まだワクチンの見通しが全然立っていないもので・・・」だって。

 この状態でスガさんはよく「7月中には接種を完了します」なんて言えたもんですね。

 そういうウソを平気で言えるのが、政治家の最大の条件でしょうか。

 ウソと言えば、東京に1日1万人接種できる巨大なセンターを作って、一都三県の高齢者をさばいていくとか・・・

 「朝日君」は社説でまじめに「高齢者には遠すぎる」、とか「自衛隊を使うことには問題がある。医者はいるのか?」とか、批判していますが、「朝日君」の劣化が嘆かわしい。

 この1万人のセンターが、「老人のため」のセンターであるはずないでしょ!

 五輪・パラの関係者の為に用意しておくのですよ。イザとなったら、ここを1日借りて打つに決まっているでしょ! 今から五輪のために作ると言ったら国民に火がつくから、「老人のため」と言うだけですよ。

 「ステルス・マーケッティング=ステマ」はレーダーに探知されないステルス戦闘機を使うことですが、こういうようにウソついて煙に巻くのは「ブルーインパルス・マーケッティング=パルマ」と言います。

 そういえば、太郎君が飛ばしたブルーインパルス、医療従事者を励ますという名目で飛ばしました。しかし実は、五輪の時の練習だったのではないか? だから5色だったでしょ! (私個人の推測です・腹立ちまぎれに)


ページの先頭に戻る