ホーム »  コラム  »  首相の言葉は重いの?

2021年06月10日(木)

首相の言葉は重いの?

「首相の言葉が響かない」「言葉に重みが無い」

 朝日君の、党首会談の記事の見出しです。記者会見の時も同じような表現がくり返されます。

 止めてくださいよ。

 私は、スガさんから、そんな「精神的」なものは、ちっとも期待していません。

 「言葉が響く」とか「重い言葉」というものは、尊敬する人の言葉に対して感じるもので、ただの政治家の言葉は、実行の説明や約束、つまり内容のみが必要なのです。

 それは「謝罪の言葉」も同じで、気持ちの問題としては何の役にも立ちません。

 それより朝日君の役目は「総理は、7月いっぱいに老人、10月か11月までに希望する全国民の接種を終られたいと言った」とでかでかと書いておけばいいのです。

 そして8月1日のトップで「老人の2回接種率、40%」ーー「やっぱり総理の言葉 軽かった」と報ずればいいのです。

 


ページの先頭に戻る