ホーム »  コラム  »  スガさんが可哀そう。。。

2021年07月08日(木)

スガさんが可哀そう。。。

スガさんが何をやっても叩かれて、国民の心に響く説明をしてほしい、と責められていますね。 下を向いて原稿ばかり読んでいる。自分の言葉で語れないのか! とか言われて・・・ほんとに可哀そう。

 小泉さんが国会で、自衛隊を海外派遣するとき「この私に、何処が危険かなんて聞かれたって、分かるはずないでしょ!」と名答弁をして、野党が煙に巻かれましたが、そんなことスガさんは死んでもできるはずがない。

 そもそも、あべさんの官房長官の時、記者から「次は総裁を狙いますか?」とか「次期、総裁になりますか?」と聞かれたとき、すかさず答えました。

 「私はそういう人間ではないのです。総裁には向いていません」

 いつもそう答えていました。

 それをムリして担ぎだしたのは、自民党です。

 「担ぐ神輿は軽い方が良い」とかなんとか言って、担ぎだしたのは、「長老」と称する派閥の長です。それに乗った自民の政治家たちです。

 自分の性格は自分が一番知っている。 その本人が言うんだから当たっていました。

 とくにああいう性格の方は、「勘違いしているバカと違って、正確に分析、判断できるのです」

 やっぱりムリだったんですよ、ああいう方は。

 思い切り知恵を絞って、別の面も見せようと「ガースーです」と言ったら、すべりまくってシラケさせて、挙句の果ては叩かれた。別の面など、あの方には無いのでしょう。

 原稿を見ないで、心の底を吐露してみようと、オリンピックの思い出話をしてみたら、「徹子の部屋じゃあないんだ!」と叩かれた。(ああいう方の「心の底」に感動するひとは国民にはいないと書こうかと思いましたが、さすがにそれは失礼だから書きません。)スガさん、もうお辞めなさいよ。たしかに向いてない。


ページの先頭に戻る