ホーム »  コラム  »  老人の辞め時

2021年10月04日(月)

老人の辞め時

「ひろゆき」さんという方、知りませんが、きついこと仰いますね。

「81歳と82歳の政治家を選ぶ地域(地元)の人は、日本がどうなってもいいと考えている」という意味のことを仰っています。二階さんと麻生さんのことでしょ?

 出る方の老政治家に対しては嘲笑し、相手にもしない。きついですねえ。

 実は私、その二人より年上。 

 「もうダメだ。仕事にならない、そろそろ止めよう」とは思わない。

 しかし、ヒロユキさん! 貴方がおっしゃること正しい。100% 同感です。

 「本人に言ってもダメ」・・・ 老人をよくご存知ですね。

 定年制度の無いところでは、あくまでも本人の問題。自ら人生に終止符を打つということは、なかなか出来るものではありません。

 それには美学が要るのです。 個人に美学がなければなりません。

 先日TVを見ていたら、小椋佳さんが引退するとおっしゃった。「どうしても、昔のように、思うように声が出ない」と仰って、「シクラメンのかほり」をその場で歌われた。歌のダメな私には、ちっとも昔と変わらない、と思いました。

「なんで?引退?」と思いましたが、彼の美学なのだと思いました。

 政治家に美学を求めるのは、お月様を落とすより難しい。だれか気づかせてあげないのかね? 後ろでボーッとツッ立ている側近たちよ!

 そういえば建築でも五輪の前にコンペのことで、長老がお出ましになって、建築界が大騒ぎしましたね、例の件で。

 私の本の最終章で、書きました。理を通して考え抜いて書きました。「長老は間違っていた」と。

 私も 閉じる美学を考えなくっちゃ・・・


ページの先頭に戻る