ホーム »  コラム  »  100万円返す?それがどうした!

2021年11月16日(火)

100万円返す?それがどうした!

初めて当選した新人の国会議員が、1日しか出ていないのに月極めの100万円もらうのは、国民に申し訳ないから「返す」とか。 黙って返せばいいじゃあないですか。

 それを会議にかけて「制度」も見直すとか・・・ 止めてください!

 たとえ「日割り計算」にするといっても、それでほんとに「リーズナブル」な 正確な 分配が出来ると思っているのですか? バッカじゃないの?


 国会議員は、汽車賃はタダだけど、飛行機代は? 秘書のはその費用から出すんでしょ? そうすると地元が北海道の人と、東京の人の差はどうするの?

 「制度」を見直す手間と、日割り計算する煩雑な手間と、単に筋をとおすために厖大な手間賃がかかるのですよ。

 そもそもこの金は領収書もいらない、自由に使える金らしい。それでこの40数年間、少しずつ値が上がってきたそうで、つまり、総合的に(1年間で1,200万円)見て、これくらいの費用が必要ということで決まった額ではないですか? 余っても返さないで良いらしい。

 それがたまたま、今回はじめて1日しか出ないということが起こった。

 大学でもこういうことはあるのです。

 非常勤講師というものは、大学の会議も雑用も一切なく、講義時間のみの、時間単位でお願いしているのです。だから夏休みの約2か月は学校に来ません。しかし2か月分のお金を返すバカはいません。年間で考えているからです。1日や2日は偶然休みにぶつかって休日の多い年もあるでしょうから、日割りで返しますというバカもいません。

 建築の設計料の話もしたいけど、長くなるからしませんが、設計料の話をすると、かえすどころか「そうだったの・・・」と同情票が集まって、確実に増えますが、私、もう止めたから書かない。


ページの先頭に戻る