ホーム »  コラム  »  メルケルさんが選んだ曲

2021年12月03日(金)

メルケルさんが選んだ曲

メルケル独首相の退任式の映像を見ました。

 その時かけた曲はメルケルさんが選んだそうです。

 前の首相はシナトラの「マイウェイ」 その前の首相がベートーベンの「第九」だったそうです。

 いかにもです。

 私は知人や先輩の昇進などのお祝いの席で「マイウェイ」は聴いたことが何回かありますが、とても良い曲ですが、アメリカ的で、しかもシナトラがマフィアの前で歌っているところを想像して、どうもいけない。私に言わせれば「俗」。

 「第九」は大げさすぎる。よほど自信があった首相か大統領しか使えない。 

 メルケルさんはさすがですねえ。

 「東独」時代によく聴いた「パンク歌手の歌」と、西ドイツの国際的な俳優の「流行歌」とか・・・ 「パンク」って知らないけれど、凄いんでしょ? ヘビメタやロッケ’ンロールも知らないけれど、それに「流行歌」。でもますますメルケルさんが好きになりました。

 「好きな曲」というものは、その人に合うというか、とても大切なことだと思います。その人を表すイメージになります。メルケルさん、逆のイメージが実に良い。 

 ある組織で、週一で、渋谷のFM放送で、建築家を呼んで対談番組があります。そこで対談中に2曲かけるので、2曲を用意しなければなりません。

 もう何十回と続いているようですが、ワタシも昔 出ましたが、その後、たまに興味ある建築家が出ると聴いてみますが、みんな「2曲」が凄い。クラシックから前衛まで、凝りに凝っています。名前も聞いたことが無いレベルの高い曲。やっぱり建築家の教養と精神性って、ほんとに高尚だと思いました。

 私の2曲?? ちあきなおみの「喝采」と八代亜紀の「舟唄」  悪かったねえ・・・

 


ページの先頭に戻る