ホーム »  コラム  »  都庁舎

2022年01月22日(土)

都庁舎

 最近東京都のコロナ「感染者数」が発表されるときに、「都庁舎」の写真が出ますが、つくづく「凄いなあ!」と、いつも感慨深いものがあります。

 何が感慨深いかというと、模型を見た時の凄さと「維持費に金がかかるだろうなあ・・」「この建築いつまで持つのかなあ」という心配です。

 全面「小窓」だらけじゃあないですか? 窓周りのシール(ガスケットにしても)は大変だろうなと思うのです。

 メトロポリタンとしての東京の威容は、こういう建築じゃあないといけないのかなあ、と感心して見ています。

 シンボル性のためには、厖大な金がかかることを、都民はどう考えるかなあ、と思います。

 話は変わりますが、近年、拙宅の修理代がかかってしようがない。

 さっきも水道屋が洗面器の下の止水栓を直して帰りました。請求書はいくら来るか分かりません。

 浴室の乾燥機が壊れたので、最低のでも取り換えないと生活できない。20万円かかります。良いもの入れれば倍はします。

 細長い木製の窓がいよいよダメになったので、上から塞ぐことにしました。3か所ですが、取り換えたら、何十万かかるか? 枠も変えたら軽く100万。

 先日使っていない瞬間湯沸器から、どういうわけか水がポタポタ漏るようになりました。どうせ使っていないし、湯沸器は今製品が無いので3か月くらいかかります。外して持って帰って処分してもらうだけで2万円かかりました。

 私の窓から、何十棟と建売(売り建て?)の住宅が見えますが、まだ10年も経たないのにカラーベストの屋根を塗り替える家があります。ボードの壁も塗り替えています。窓から見える半分くらいの家が塗り替えています。

 金が惜しいのか賢明な方なのか、壁の汚れをホースの水できれいに流して洗っている方もいる。きれいになります。私は「アッパレ!」と叫んで見ています。それで良いのだ! 

 昔、十何年か前に建てた家の施主から聞かれたので、屋根の建材メーカーに「だいぶん退色して施主が心配しているが、ペンキを塗るべきか?」

 そうしたらメーカー曰く「性能には影響ありません。一度ペンキを塗ると、数年ごとに塗り替えないと気になるから、塗らない方が良いのでは・・・?」 数年ごとに何十万円はつらい。

 ところで都庁舎。 普通の建築でも維持には金がかかるもの。ましてやあの都庁舎、窓だらけだから、大変でしょうよ・・・東京都民はご覚悟を! 都庁舎の窓とかけて何と解く? 東京の今日の感染者数と解く・・ココロは? ・・ちょっと多過ぎない???・・・


ページの先頭に戻る