ホーム »  コラム  »  オンライン授業で「代返」バレた? ドジ!

2022年02月18日(金)

オンライン授業で「代返」バレた? ドジ!

早稲田の法学部の学生が、オンライン授業で「インチキ」をして、100人が見つかって全員単位が認められなかったとか・・・

 笑っちゃいますねえ・

 そもそもどういうことなのか? どうやったのか? 残念ながら詳細に正確には理解できませんが、新聞によると要するに、昔の「代返」のようなことらしい。

 「代返」がバレて単位がもらえない! ドジですねえ・・・

 私は真面目だったから、名簿が回って来ると自分で署名して、それから抜け出しました???

 私が先生になってからは、出欠自体を調査しなかった。聞きたくないのに出てきて、おしゃべりされるより、来ないで欲しい。

 出席を取ること自体を、生きがいにしている先生もいました。事務員を使って、授業の始めに出席カードを配って出席をとって、そして終わるころもう一度出席をとる。そうしたら、私のように途中出てしまう学生がみんなひっかかって、バレる。それがその先生の生きがい・・・?

 今度もどうやら、100人がバレたというのは、どうもそれに近いのでは?

 それとも先生は、家のパソコンのどこかのキーを叩くと、インチキをやった学生の一覧表が学籍番号とともにサッと出てくる。それなら良いのですが、一人一人チェックして100人を探し出すような先生なら・・・学生諸君、その先生の授業、選択する価値あるの? 大きなお世話だけど・・・

 どうも、最近の授業、ズームかなにかで聞いているより、参考書読んだ方がずっと分かりやすくて時間も無駄がないようで、そう言われちゃあおしまいですね、先生も。

 最近私もいろいろ講演会とか、シンポジュウムとか、オンラインで参加する(受講する)ことがありますが、

みなさんカメラの前で話すのが下手ですねえ。(聴いているのがつらい)

 絶対にカメラのレンズから目を離さない、基本のキです。もうオンラインの時代。カメラの前で話すのが下手な先生は、職を変える必要があるのでは?


ページの先頭に戻る