ホーム »  コラム  »  国を信じること

2022年04月09日(土)

国を信じること

「ロシア軍がウクライナでとった行動を支持しますか?」 

 あの一般市民を虐殺した「行動」のことでしょう。 ロシアで調査したようです。その世論調査の結果、80数%のロシア国民が「支持する」と答えたそうです。ロシア国民が信じられないと云います。

 ロシアの今の調査はスマホ?で回答するらしく、どうも身元がバレるらしい。だから正直なところは分からないとも言います。

 一方、我が国の第二次世界大戦中の「日本が戦争をすることを支持する」という国民は、実数で8割~9割りを超えていたのではないかと思います。

 「大本営発表!」という、唯一の国から発表される情報を、何の疑いも持たず、信じていました。反対したら、すぐ憲兵がきてしょっ引いて行きました。私の周囲にはそんな理性があって正義に燃える人間はいませんでしたから、反対する奴が悪い。

 100%日本は正しくて、アメリカは悪い国、と思い込んでいました。私の知る限り。

 「ミニッツ マッカーサー♪ 出ーテクリャア 地獄へサカアオトシ~♪」 という歌をいつも歌って、アメリカをやっつける! と思っていました。私が小学校に上がる時。

 悪いのは とにかくアメリカでした。80%以上の人がとにかくそう思って苦しくても耐えていました。

 それが戦争というものです。

 人間の行う根源的な行為は、80年経っても変わらないものですねえ。


ページの先頭に戻る