ホーム »  コラム  »  尾身さん!それは違います!

2022年08月03日(水)

尾身さん!それは違います!

 この世界一の感染者拡大に、医学的に打つ手がないくせに、尾身さんたち、おかしなことを言い出しましたね。

 感染者の全体数を数えるの止めろだと? 何万何十万だと聞けば、混乱するから「発表するな」? 「数えるな」? これは尾身さんが言うことか? 政治家が決めることです。政治家の仕事です。政治家ぶらないでください。

 感染症対策分科会は一人でも患者を減らすことに専念してくれ!

 若い人には「インフルエンザ」並みというなら、65歳以下の若い人が電話かけてきても、発熱センターの電話を受けるなよ!歳を聞いてすぐ切れ! センターにかけさせるな! ついでに、熱が出ても、歳を聞いて救急車で迎えに行くなよ。 みんなが119番に電話かけるからから、混雑して通じないんだ。 湯川玲子さんなんか、106回かけて、やっと通じたって。65歳以下にかけさすなよ! そもそも65歳以下は、熱が出ても医者は診察するな!混むから。「インフルエンザ並みだと」勝手なことしても良いから、熱が出ても医者には来るな!

 国民は平等だと憲法に書いてあるって??  良く読め! 「公共の福祉に反しない限り」と但し書きが書いてある。老人を無視した勝手な振る舞いは「公共の福祉に反する」のだ。

 とにかく、65歳以下、医療停止にしましょう。(怪我や癌は別ですよ・・当たり前だろ!!)


ページの先頭に戻る