ホーム »  コラム  »  誰もいない国連の演説と記者会見のマイクの低さ

2022年09月23日(金)

誰もいない国連の演説と記者会見のマイクの低さ

テレビを見ていたら、岸田さんが国連で演説をするというニュースが流れていました。

 はじめの画像は、会議場の全景を映しました。

 アレッ 休憩時間かな?と思うくらい、人が全然いない、ところどころにぽつぽつと座っています。 戻ってきた人かなあ・・・と見ていると、カメラのアングルは、1秒も会場を映さないでそのまま、正面の演壇にカメラが向きました。

 エッ、岸田さんが演説してる!! だれも居ない会場に向かって、演説してる・・・

と思うくらい、会場のガラガラをほとんど映さず、確認ができません。

 何割くらい、会場で、岸田さんの演説を聴いていたのですか?

 もし、私の見た、ほとんどガラガラというのが間違いでなかったら、何故、もっと「誰も聴いていない」ということを映さないのでしょうか?

 マスコミが「みっともない」と思って、日本の恥を晒さないように、見せなかったとすると、とんでもない「操作」です。「誤報」と言っても良い。

 マスコミにそんな「操作」をする権利はありません。

 また、昨日の記者会見(政府の会見ではありません)を見ていて、まともな記者は金平さんくらいです。

なんで、若い記者諸君、上がるんですか? なんで人前で上がるんですか? 普通の人なら上がっても良いけど、記者諸君は上がるな! 人前で上がる人は記者には向かない。

 それになんでマイクの位置が低いのに、だれも直そうとしないのですか? 低ければ、高くするべきです。 あの姿勢で質問さすのは、向こうの手ですよ。 それを腰をかがめて、低姿勢でしゃべって、それだけで、向こうのペースです。あの記者会見は向こうがやりたいと言って開いたもの。

 それを、みんな質問の最後に「ありがとうございました」 なんでお礼をいうのですか?バカじゃない?

 向こうが記者を集めて「宣伝」したかったのですよ。それに気が付かないのですか? 

 バカマス・・・バカなマスコミ。 ほんとに政治家だけじゃなく、マスコミまでテイタラク・・・情けない・


ページの先頭に戻る