ホーム »  コラム  »  4月1日・コラム復活第1号

2012年04月01日(日)

4月1日・コラム復活第1号

今日は4月1日「コラム」復活第1号です。長らくコラムを休んでいました。理由は二つあります。一つは、内閣官房副長官室に呼ばれて、散々叱られて来ました。「皆がカンカンに怒っている。いい加減にしろ」と。たとえば福田康夫元総理。「200年住宅なんてバカなこと言うんじゃあない」とコラムに書いて朝日新聞に投稿したのが勘に触ったようです。あるいは気象庁。「間違った時には謝罪しろ。0%でも降ったぞ。」とそこまでは良いとして「これからは予報の後に「気象庁のイメージです」と書いたら?」と書いたのが相当頭にきたようです。他にも怒っている人が大勢いるそうです。

もう一つの理由は、仕事の依頼があったのです。ミースの「ファンズワース邸」のレプリカの製作版権を手に入れた人が、「「ファンズワース邸」の横にチケット売り場やミュージアムショップの建築を並べて建てて欲しい」というのです。いろいろ悩んで考えていましたが返事は保留しました。「並べて建てるのはイヤだ」と言ったら「負けるからか?」と言うので「勝ち負けの問題ではない。あの建築の横にはいかなる建築も建てるべきではない」と言いました。強烈な建築に並んで個性を出し過ぎて失敗した例があります。一方で、私がもっとも評価し「現代建築ベスト3」に掲げている「出雲大社庁舎」は、あの歴史的出雲大社の横に建てられていて、その立場をわきまえて論理化し、それをテーマとして傑作が作られました。自分も菊竹清訓のような理論が組み立てられるか?悩んでいます。来週菊竹氏の「しのぶ会」に参列して考えてきます。


ページの先頭に戻る