ホーム »  コラム  »  こんな時、どうする?

2012年08月12日(日)

こんな時、どうする?

若い建築家からこんな質問を受けました。「予算が厳しい上に、条件の悪い狭小敷地で、一か所しか陽のあたるところが無いし、そこだけが唯一外から見えるところなので、そこにこの家のポイントを置き、しかも大胆にトップライトを組み合わせ設計した。ところが見積書の詳細を見た施主が、こんなトップライトは要らないし、普通に四角にして良い。別に日当たりも要らない。そのかわりキッチンセットや洗面器、浴槽に金を回してほしいと言われた。浴槽は「ジャグジー」にしなくてもいいじゃあないか、と言ったが「夢だったから」と聞かない。これでは、私がやる意味ないじゃあないかと思うが、こういう時どうしたら良い?」という主旨でした。そこで私はえらそうに「そのトップライトやポイントは、勝手に貴君がやりたいだけのことではないか、一度冷静に考えて、ほんとうにこの家にとって譲れないものかどうか?もしそれでも、絶対にそれが正しく、やらなければならないものなら施主を説得し、それでもダメなら決裂だね。つまり断るのさ」と答えました。そして最後にこう付け加えました「私なら、やるね」


ページの先頭に戻る