ホーム »  コラム  »  中国

2012年09月27日(木)

中国

私の研究室のOBが、上海で会社を経営しています。心配だったので「大丈夫?」とメールを送ったら、ちょうどデモの最中でしたが、たまたま日本に法事で帰っているとのこと。しかし自分も中国の友人にメールをしているが、まったく変わりはないし、近所の中国人のおばあさんが家の電気が付けっぱなしだがどうした?と心配をして電話をくれたとのこと。その彼が昨日(25日)「帰った」とメールをくれました。それによると、友人たちもいつもと変わりなし。近くのいつも行く屋台に飲みに行ったが、いつもと同じ。ただし「例の話」は一切しない。デモがあったことや、焼かれたり壊されたことは報道にあるように実際にあったのでしょう。しかし、まるで中国人のみんなが日本を嫌って、敵意をもって、仕事も交流も出来なくなっていると、マスメディアから受ける印象はどうも違うようでした。マスメディアがつくる空気や流れは、やはり気を付けないと、危ないです。これからは当分政局はマスメディアが動かし、安倍さんが総理になるまで盛り上げて、視聴率を上げて新聞雑誌の売り上げを伸ばす競争に日本は流されることでしょう。 いやだ いやだ


ページの先頭に戻る