ホーム »  コラム  »  耐震診断

2013年08月12日(月)

耐震診断

知人の話ですが、地上7階建て、約100世帯入っているマンションで、市からも補助金が出るし、うちでも是非「耐震診断」をしようと言うことになったそうです。市に聞いて市内で「耐震診断」をやっている建築事務所に依頼したそうです。何百万円かかったか忘れましたが、高いものでした。ところが調査が出て驚いたのですが、結果は「NO」。4階のコンクリートが極端に強度が不足しているとのこと。何故4階だけコンクリート強度が弱いのか?手抜きじゃあないのか?ということになり、40数年前の施工会社に聞こうとしたら、会社は他の会社と合併して変わっている。それでも良いから問いただせ、と言うことになって、質問状を出した。勿論資料も無いということで体よく断られたのですが、ご親切に構造関係のひとが説明に来た。そのひとに「大丈夫か?」と聞いたら、よせばいいのに、「個人的な意見ですが、さしあたって、すぐと言うことでなくても、、、」と口を濁したそうです。私は数値的なことはよく分かりませんが、構造の友人に聞いたら、新築で確認申請に出したら通りっこないと言います。では、安全に補強しようとしたら軽く2億はかかりそうとのことで、8,000万しか積立がないので、どうしようもない。で、なんとなく此の件、蓋をしたと言ってました。「耐震診断」をやるべきだと言っていたオバサンたちも、なんとも言わなくなったとか。こういう「現実」いたるところでおこっているはず。しっかり「基準」と「対策」を決めておかないと。


ページの先頭に戻る