ホーム »  コラム  »  壊されて行く現代建築

2022年09月30日(金)

壊されて行く現代建築

 次々と現代建築の名作が壊されて、もはや「そういうもんか」となかば悟りました。

 作り直された後、さすがだなあ・・・と感嘆するような建築を作ってくれるなら、黙って引っ込みますが。

 最近、見て愕然としたのは、どなたの設計か知りませんが、横浜の「県立図書館」の本館(写真で見ただけ)。もっとも前川さんのは壊さないで「前川国男館」として残すらしい。それなら、ホッとしました。

 現代建築が壊されるというなら、次の5つの建築を推薦します、どうでしょう?

 「日本武道館」・(あの時山田守案1票に対して5票が投じられた「O氏案」に建替え)

 「国立京都国際会館」・(菊竹案に建て替える)

 「広島平和記念館」・(全部解体して、無に戻す)

 「京都会館」・(改築(改装)して台無しにしたから、元に戻すか、解体)

 「新国立競技場」・(理由?聞くだけ野暮!)

逆に絶対壊してはいけない建築三つ

 「桃華楽堂」「代々木総合体育館」「スカイハウス」


ページの先頭に戻る