ホーム »  コラム  »  新型コロナのランクを下げる真の理由

2023年01月22日(日)

新型コロナのランクを下げる真の理由

 コロナを五類とか二類とか騒いでいますが、何がどう変わったから変えるのか? 分かりません。コロナは終ったの?

 死者は増えていると云うじゃあないですか。過去最高の死者数とか・・・コワイコワイ・・

 ただ、その死者は80%が70歳以上の老人、で若い人がかかって一晩39度の熱が出ても翌日下がるから、もう「コロナは終った」と言うなら納得。老人が死ぬのは、日本経済と比べて、経済の方が大切だから「老人、黙って死んでね」ということなら、納得というより諦め。

 あの宰相の人柄、原稿を読みながら、いかにも言いそうだから・・・

 私は平均寿命過ぎたから、もうイイだろう黙っていろということなのでしょう。

 と思っていたら、実は裏があるようで・・・

 私は何事も裏が多少は読めると自負していましたが、これには仰天!読めなかった。

 それは、4月にG’7の広島でサミットをやる。そのときマスクをしないで話せるようにしておきたい、ということが本音にあるそうで・・・さすがに天を仰ぎましたね、そのバカバカしさに。老人は命をかけてつき合わされるのですか?  

 実は今、原稿を書いていて、G7を広島でやる意味を考えています。あの宰相は核兵器反対を訴える格好の土地と考えているのでしょうが、あののどかな「平和公園」にそんな訴える力があるのか? レプリカのようにきれいにされて唯一保存されている「原爆ドーム」もう意味は無いのではないか? 毎日のように見せられるウクライナの悲惨さは、 一発のミサイルで鉄骨のドームなんか残さずに屋根ごと吹っ飛ばす。そういう光景を毎晩見ていると、原爆の威力は、あのドームはむしろ逆効果では? 案外、大したことないんだね、と。

 「平和公園」のコンペで、丹下健三も、あのドームにはあまり重きを置いていなかったし、迷ったようです。あの軸線上に「原爆ドーム」を置いたことに感激し「非凡」と讃えたのは岸田日出刀で、その辺の建築界がつられて凄い!上手い!と褒めたたえたのです。

 そういう平和公園で今、G7サミットをやる意義はほんとうにあるのか? 世界中にあのドームが配信されるのです。そんなに広島でやりたいなら、宮島で鳥居を見ながらやる方が気が利いています。

 言っておきますが、当時あのドームは現地では、忌まわしき思い出として、解体運動も起こったのです。世界遺産に登録したのは、後世のひとと外の人です。


ページの先頭に戻る